PLCとPC(パソコン)の通信システム

弊社は、PLCとパソコンの通信システムも得意としております。

PLCが高機能になった昨今では、PLCによって採集された生産システムの各部データをほぼリアルタイムで監視したり、後から利用しやすい形でパソコンやサーバーに保存する使い方が増えて来ています。

弊社では、キーエンス製データターミナルDT-500の出始めた頃からこうしたPLCと通信するパソコン/サーバー側で動作するソフトウェアの開発を手掛けており、実績や提案経験も豊富です。

現在でも類似の案件を数多く受注させていただいておりますので、PLCまでは扱えるが、パソコンソフトはちょっと…という場合も是非ご相談ください。お役に立つ提案ができるのではと自負しております。

受注例

掘削センサーによる計測値の監視、記録、アラート、印刷アプリケーション

PLC: キーエンス
パソコンOS: Windows
プログラミング言語: Java
通信: Ethernet/RS232C
プロトコル: PLCメモリ直読

鉱泉の流量・泉質の定期遠隔監視システム

PLC: キーエンス
パソコンOS: Linux
プログラミング言語: PHP
通信: Ethernet/インターネット
プロトコル: FTP/HTTP

車両生産における試験機アプリケーション

PLC: 三菱電機
パソコンOS: Windows
プログラミング言語: Visual Basic
通信: RS232C
プロトコル: 三菱製PLCで採用されている手順

費用例

測定点100、サーバー1台、監視PC3台(監視画面数10枚)
サーバーセットアップ: 100,000
監視PCセットアップ: 30,000×3台=90,000
通信系基本プログラム開発: 200,000
監視系プログラム開発: 40,000×10(画面数)=400,000
合計 790,000

※金額はこれまでの実績から導いた平均値であり、価格変動や相場などの影響を受けて変化することがあります。

実現したいことと予算の制約に合わせて最大限にご満足いただける提案を心がけております。

スマホアプリ開発 支援求む

スマホアプリ開発で、貴方のお力をお貸し願えませんでしょうか?

報酬・期間・実施時期:70万円・2ヶ月で、1月下旬から着手、形態は作業請負。
作業場所・時間帯:条件を満たせる場合は不問
募集期限:1/20まで、または依頼先が決定するまで
プラットフォーム:iPhone/Android
納品物は実行コード、DDLを含む動作確認済みのソースコード一式とします。

作業場所・時間帯の不問条件:開発環境は自前でお持ちであること、成果物と納期にコミットでき、進捗報告などの連絡が必ず取れること。

内容は、某業種(守秘義務のため言えません)のお得意様向け来店予約・サービス通知で、外部機能数は10もないシンプルなものです。

画面設計・画面モック・外部設計・DB設計・URL設計まではこちらで終わっており、各開発プラットフォームでのコーディングとUTまでをお願いしたいと思っております。

内容的にはいわゆるWeb+DBでも問題ないのですが、クライアントの戦略上アプリというインターフェースが必要との判断で用意する必要が出て来ました。

スキルないしご経験があってご興味のある方、詳細をお伝えしますのでお問い合わせ下さい。

提示金額トータル70で引き受けていただけると大変ありがたいですが、たとえば経験豊富な方で、「特急でやってあげるからもう少し上乗せして」等のご相談なら検討可能です。条件合う方、その辺りも合わせてお申し出いただければ。

※成果物の著作権・版権は弊社帰属となる点はあらかじめご了承下さい。

いずれにせよ、急ぎ案件なので経験者のみの募集となります。
ぜひとも、精鋭の卵のちからを借りたく。

ご連絡をお待ちしております。

よろしくお願い申し上げます!!

ホームページでできること

ホームページを使ってできること。

この記事では、ホームページを使ってどんなことができるかについて、端的に紹介します。

もちろん、ホームページを開設しさえすれば、

「これらのものが自動的についてくる」という意味ではありません

目的通りの結果に近づけるためには、目的に沿って適切な設計をし、
設計にしたがって作成・開設すること。

そして、運用しながら現状と目的との乖離を観察し、改良していくこと。

この2つの運用姿勢を抜きにしては、目指す結果にはかすりもしません。

実際、上手に利用できている人の間では、

ホームページというのは作るものではなく育てるものだ

というスローガンがすでに常識となっているぐらいです。

しかし、育てるにおいても、はじめの段階で目的に沿った設計が行われていなければ、
なかなか実感できるような効果を発揮させることは難しいです。

例えば、男性に生まれた人を、育て方だけで女性にするのは無理な相談ですが、
言ってみればこれと同じなわけです。

したがって、最初に目的を決め、それに沿った設計をするという工程は、
効果を実感できるホームページをを持ちたいなら避けて通れないのです。

それはさておき、

ホームページを使ってできることををざっと見てみましょう。

  • 売上アップ
  • 来客数向上
  • 顧客満足度向上
  • 顧客のリピーター化
  • 企業イメージ向上
  • 新製品・新サービスの初期認知
  • 来店予約
  • お得感の演出
  • お得い様・リピーターさんへの優遇措置
  • 見込み客が顧客になる確率を上げる

などなど。

いかがですか?

こんなことが御自分のビジネスで起きていることを想像したら、ワクワクして来るのではないでしょうか。

また、御社のホームページは、こうした結果に寄与してくれているでしょうか。
 
 
 

ホームページ 作成

ホームページ作成にあたって重要なことって何でしょうか?

それも、企業や商店のホームページ作成にあたって、「重要なこと」。

それは何だと思いますか?

  • 作成費用?
  • カッコ良くておしゃれなデザイン?
  • センスのいいトップページ?
  • 有名人を配した画像・映像?
  • 予約や通販などの便利な機能?

どれも一見大切なことに思えます。

ですが・・・

これらのことは「枝葉」の要素に過ぎません。

枝葉ということは、「それ単体では重要かどうかは決められない」ということです。

では、重要な要素が何かを決定する「幹」とは、何でしょうか?
それは、常に「目的」です。

目的から見なければそれらの枝葉が適切かどうかはわからないのです。

つまり、

目的がハッキリしていることが重要

なのです。

どれほど高価でも、準備するのに手間がかかるものであっても、
目的から見た時に不要ならば、無価値となります。

お金も時間もたっぷりかかったけど、目的を達することができないなら、
それは大事な予算の無駄遣いになってしまいます。

それだけは避けたいものですよね。

でも、ホームページに関する悩みや相談を受け、話していく内に、
「目的はあいまいなままだった」
「業者に勧められて作っただけだから」
ということを何度も何度も耳にします。

そしてその度に、「何ともったいない」と感じてしまうのです。

お客様によっては、

貴重な技術をお持ちであったり、
ユニークな視点でサービスを展開していたり、

「御社の製品・サービスは、もっと世に知られるべきです!」

と言いたくなってしまうようなケースも少なからずあります。

何にせよ、そのようなわけで、御社がホームページを開設したり、
既存のホームページを刷新したりするおつもりがあるなら、

弊社としてまず最初に、必ずお勧めしていること、

それが、

まず目的をはっきりさせること

なのです。

まずは、

ホームページを開設、または刷新することで何を期待するのか。
まずはそれを決めて下さい。

また、目的は一つではない場合も当然あるでしょう。

その場合、無理にひとつに絞る必要はありません。
その代わり、優先順位を付けて下さい。

これが、御社にとってのホームページを効果的なものにする第一歩となります。
 
 
 
「御社のホームページの目的はハッキリしていますか?」
 
 
 

既存客との関係を向上させる

ホームページを使って既存客との関係を向上させる方法があります。

具体的にはどんなことができるのでしょうか?

たとえば、こんなことが出来ます。

お得意様専用の特別価格での販売ページを用意し、メールでお知らせします。
しかも、そのページは永久に表示されているわけではなく、期間限定です。
もちろん、一般のお客様にはそのページの存在はわかりません。
お得意様専用です。
こうやって、大事なお得意様をさらに優遇してさしあげることが可能です。

今年間契約を申し込んでくれたらこの特別価格でご提供しますよ、というオファーも出来ます。

メールでお知らせしたお客様の内、どの方が反応してくれたかを記録できます。
そのお客様を特に重要なお客様としてマークしておくことも可能です。

お客様のお誕生日に自動的にメールをお送りし、誕生日特別割引を実施することもできます。

あるいは、あるお客様のご家族や親友の誕生日の数日前にメールを送り、
お友達誕生日プレゼント特価でのご提供をご案内するというのはいかがでしょうか。

さまざまな形で、あなたの商品やサービスに関心を持ってくれたお客様を、
もてなし、優遇することができます。

大事なお客様だからこそ、システムで管理

これを人手でやろうとすると一番ありがちなのが、
「忙しくて忘れてしまった」というもの。

人は、自分が大切にされたことや、自分の大切にしていることを覚えてくれている、
そういう体験というものを大変重要視します。

そして更に大事なことは、タイミングを逸したけど「手描き」も嬉しいけど、
タイミングの合った一言というのも相当に嬉しいものだということです。

そして都合の良いことに、システムは一旦仕掛けておけば人間のように忘れたりしません。
あなたのお客様の大事な日に、ドンピシャのタイミングでメールを送ることだって出来ます。

機械仕掛で申し訳ないって?
いえいえ、違います。

大切なお客様の大事な日を忘れないようにするためにシステムに仕込むのです。

大切なお客様だからこそなのです。

いかがでしょうか。

こんなもてなしを受けたらあなたはどう感じるでしょうか。
御社のお客様はどう感じるでしょうか。

そう、説明するまでもないはずです。

こんな仕掛けが御社のホームページについていたら、
御社のお客様は喜んでくれるでしょうか?